ファンケルの眼精疲労対策サプリ「えんきん」は日本初の目の機能性表示食品で、手元のピント調節力をサポートしてくれます。

抗酸化力の強いアスタキサンチンの配合量が多く、DHAが配合されているのが「えんきん」の大きな特徴です。

えんきんは、通常価格は2,160円ですが、14日分を1,000円でお試しできるコースがあります。

継続して、定期購入にすると1ヵ月分を1,944円で購入することができます。

えんきんの主要成分

ブルーベリー&黒大豆種皮エキス

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、眼精疲労に効果があり、黒大豆種皮エキスは視覚情報の取り込みに必要な、ロドプシンという物質の働きをサポートします。

ルテイン&アスタキサンチン

ルテイン&アスタキサンチンは齢による細胞の酸化、活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、ピント調整力を高める働きがあります。

DHA

DHAは主にマグロやイワシ、サンマなどの青魚に多く含まれる成分です。

血液をサラサラにしたり、脳の神経細胞を活性化する働きがあります。

生活習慣病予防や脳の老化防止に人気の成分です。

DHAは脳に多く存在していますが、網膜には脳以上の高濃度で存在していることが確認されています。

DHAは記憶力を高めたり、頭をよくすると言われますが、それは脳の海馬といわれる部位のリン脂質の20%がDHAだからだと考えられています。

目(網膜)や視神経の細胞膜(リン脂質)にもDHAが存在するということは、視力にも影響を与える成分ということです。

DHAが不足すると視力が低下する事例が報告されています。

ロドプシンとは

ロドプシンは、目に入ってくる光の情報を受けると分解され、同時に電気が発生して、視神経を通じて脳に情報を伝える働きがあります。

そして分解されたロドプシンは、光の情報としての刺激がなくなると再合成され、もとにもどるとプロセスを繰り返します。

ロドプシンは分解されたままで、再合成がスムーズにできないと、見るという機能が衰えてしまいます。

私たちが目でものを見ることができるのは、ロドプシンが分解と再合成を繰り返しているおかげです。

このロドプシンの再合成がスムーズに行われるほど、くっきりと物が見えることになります。

しかし、老化や目の酷使によって、ロドプシンの再合成のスピードが落ちて、分解する速さが上回ると、ものが見えづらくなるという症状が出てしまいます。

ロドプシンは、光が十分にある、明るいところで働くものではなく主に光が少ない、ある一定の暗さの中で働く性質を持っています。

黒大豆種皮エキスはロドプシンの働きをよくしてくれるので目の健康によいと言われているのです。

ファンケルの「えんきん」の購入はこちらの公式サイトから